TOP> KVMプラン

どこでもサーバをフルコントロール!KVM

KVMプランのすべてのモデルには、ブラウザからサーバのほとんどの設定を行うことができるKVMが標準付属。KVMは、サーバ機器に組み込まれたリモート管理プロセッサーです。サーバ本体の電源が入っていない状態でも、リモートからKVMにログインしてサーバの様々な設定を可能にします。企業のサーバ管理者様などサーバ管理のプロフェッショナルにおすすめです。

KVMの機能

root権限付き

Root権限付き

全てのKVMプランではroot権限(管理者権限)をお渡しいたしますので、お客様にてご自由にサーバの設定を行って頂くことができます。サーバ設定からソフトウェアのインストールなど、お客様のご希望にあわせてサーバの構築が行えます。

仮想コンソール(CLI)

root権限付き

遠隔地からでもインターネット経由でサーバのコンソールにアクセス可能な CLI(command line interface /コマンドラインインターフェース)を標準搭載しています。これにより設定ミスなどで ssh によるログインできなくなった場合でも再設定が可能になります。

仮想コンソール(GUI)

root権限付き

遠隔地からでもインターネット経由でサーバのコンソールにアクセス可能な GUI(Graphical User Interface/グラフィカルユーザインターフェース)を標準搭載しています(※ Atom モデルではオプション)。これにより設定ミスなどで ssh によるログインできなくなった場合でも再設定が可能になります。またサーバ OS に依存することなく BIOS のセットアップも可能です。Windows Server をご検討のお客様も仮想コンソールによる高度なサーバ管理が可能になります。

仮想電源ON/OFF

root権限付き

OSに依存することなく、遠隔地からサーバのリブート/電源のOFF/電源のONが可能です。例えばOSがフリーズして、SSHでログインできなくなった場合、従来ではリブートの依頼をホスティング事業者に行う必要がありました。事業者に連絡をして実際にサーバが再起動するまでのタイムラグは、ビジネスにおいて機会損失となります。仮想電源ON/OFF機能で、お客様にてリモートから電源のON/OFFが可能になることから、サーバのダウンタイムを最小限に抑えることができます。

仮想メディア

root権限付き

お手元のPCにセットしたメディアを、リモート環境にあるサーバにマッピングすることができます。サーバOSの再インストールも可能です。メディアは、CD/DVD/FD/フラッシュメモリ/などがお使い頂けます。